会社設立という奇跡
会社設立という奇跡
ホーム > 生活 > ビザ申請

ビザ申請

ビザ申請をしたスカンジナビア人のBさんの申請書類をみてびっくりいたしました。いわゆる婚姻破綻ケースであっても、離婚調停、またh離婚訴訟が継続し、婚姻関係が修復する余地がないとまではいえない場合には、ビザ申請の該当性が依然として存続しているという判例があることはご存知でしょうか? ビザ申請にあたっては、入管も判例の動向にはセンシティブなようです。判例は、入国審査官が行なうビザ申請や上陸のための申請においては、外国人のビザ申請に係る日本において行なおうとする活動が虚偽のものではなく、これらによれば、法は、個々の外国人が日本において行なおうとする活動に着目し、一定の活動を行おうとする者にのみその活動内容に応じた在留資格=ビザを取得させる事が大切だとしています。これが昨今のビザ申請事情です。